だれかへの手紙

letter to you

文具

ink standで万年筆インクの調合に挑戦

万年筆のインクを自分で調合できる、念願のインクスタンドへ行ってきた。

mt ex展@大さん橋ホール 横浜マステ、蓄光マステ。

大さん橋で開催中のmt ex展へ行った。 mtのイベントへ行くのは、2011年のmt博以来。 mt博が恐ろしいほどの盛況ぶり(会計数時間待ちのため会場で欲しいものを選んで預ける実質通販状態)だったのでどんな様子かとびくびくしながら行ったけど、さすがに4年経…

コクヨキャンパスバインダー<スマートリング>にいつの間にかA5サイズが出ていた

1月末のこと。ルーズリーフを折り返してリングノートのように使いたくて、ルーズリングを導入した。 ルーズリーフとリングノートのいいとこどりなルーズリングが素敵 - 小娘自転車結果としてルーズリングには満足しているのだけど、ルーズリングに辿り着くま…

ツバメノート社屋・別製工場見学。職人さんのものづくり、インクの匂い

昨年(2012年)の夏のある日、ツバメノートさんへお邪魔した。 前のめりすぎて、約束の時間より30分くらい早く着いてしまった。入口見ただけで大はしゃぎ。

3月のライオン手帳に太めの万年筆を使ってはならない

そういえば3月だった、と気づいて、3月のライオン8巻の手帳に、カリグラフィーニブのPRERAで予定をいくつか書き込んだ。ふとページをめくると。 見事に裏写り。あああ… Fニブでは裏写りしなかったので、ひとまずは太めの万年筆を避ける方向で使う。細くても…

ルーズリーフとリングノートのいいとこどりなルーズリングが素敵

ルーズリーフは便利だけれど、広げた状態(A5サイズのリーフならA4サイズ)で使うのがデフォルトだし、利き手と逆のページへ書く時にリングが邪魔で仕方ない。その欠点をカバーできることを期待してエイチエス社のCR-Fバインダーを使ってみるも、まったく気…

『3月のライオン』8巻限定版の手帳がかわいすぎて来年の手帳どうする問題が再び勃発

2013年の手帳をどうするか、は、散々悩みつつ、ほぼ日手帳WEEKSレジメンタルストライプを発売日に購入して、すでにインデックスシールを貼ったり確定済の予定をいくつか書き込んだりしていた。 ところで、去る12/14に羽海野チカ『3月のライオン』8巻が発売さ…

ほぼ日手帳WEEKS2013を買ったので、現在のWEEKSの使い方など

来年は、WEEK3三年生。来年の手帳をどうするか、は、他人が聞いたら呆れるだろうというくらい散々悩んだのだけど、結局ほぼ日手帳WEEKSを継続して使うことにした。 悩んだ主な理由はノートページが余りまくるという現状で、WEEKSノートセットにダイコーの1ヶ…

ツバメ・アイデア・カレンダーの使い方を妄想する

オシャレツバメノートを次々繰り出すThinkinh Power Projectから、初めてカレンダー入りの製品が出ていた。Thinking Power Notebook:「ツバメ・アイデア・カレンダー」カレンダーだというので、1ヶ月単位で見渡して予定を管理できるものなのかと思ったら全…

PRERAカリグラフィーニブを入手したので、LAMY joyとの比較など

Fニブを愛用しているPRERA 色彩逢いからカリグラフィーニブが出たと聞いて、いてもたってもいられなかった。 色は透明レッドを選択。 まだ「カリグラフィー」のシールを剥がしていない。ペン先。当然ながら平べったい。 持っていたLAMY joy whiteと並べると…

草原ミツバチノートに、トラベラーズファクトリースタンプを

加工はInstagram。 東京駅のecuteに期間限定でトラベラーズファクトリーが出現すると聞いて、唯一持っているトラベラーズノートである草原ミツバチノートを持って行ってきた。 平日夜だからか、特に混んではいなくて、慎重にスタンプを捺すことができた。う…

ドクター・ヤンセンの「コナン・ドイル」テーマ・インク

少し前よりBBC「SHERLOCK」にはまっているのだが、それはさておき書斎館へ行ったらたくさんの宝石のような万年筆とインクの中に、ドクター・ヤンセンの「コナン・ドイル」テーマ・インクが並んでいるのを発見。迷わず購入。 赤系のインクは持ってなかったし…

銀座文具屋めぐり

案内していただきつつ、銀座の文具屋さんをはしごしてきた。アイデアと機能美の詰まったあの空間が好きでうっとりする…たいへんに満たされた。 小雨の散策もなんのその。