読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だれかへの手紙

letter to you

CARRY ME購入!

試乗してから一週間も経たないうちに購入。欲望迸りすぎた。

明るすぎないけれどしっかり赤色なところがとても気に入り。

突然買いに行ったにも関わらずきっちり整備してくださっていて、確認を兼ねて店の周囲を少し走っただけでも試乗とは比べ物にならないくらいしっかりしっくり馴染んで感動した。「ブレーキワイヤーはステンレス製に交換してあります」って、納車カルテにさらっと書かれていたことにあとで気づいて、お礼を云いそびれたのが残念。
この日から新しくキャンペーンが始まっており、購入に伴ってイージーカバーをいただいた。それとは別に10%分のオプションパーツをくださるとのことだったので、GREEN CYCLE STATION製イージーキャリングカバーと、バーエンドがぴかぴか光るサイドライトをお願いした。
イージーカバーは自宅保管用・雨が降る可能性のある外出時に持っていくかも。基本的に外出(輪行)には防水機能のないイージーキャリングカバーを使う予定。


イージーキャリングカバーは、袋についているベルトをサドル下に通してサドルバッグのように取り付けることができた。サドルバッグをつけるつもりはなかったしちょうどいい。とはいえちょっと不恰好かな…


走る姿は最高にかわいく、畳んだところは最高にクールなのがたまらない。シュッとしてる。かっこいい。
輪行して帰ったのだけれど、電車の座席に座った時、脚の間に納まる。両隣の人には干渉しないので、前に人が立っていなければなにも問題ないレベルにシュッとしている。すばらしい。

ロードレーサーでは躊躇っていた、お洒落方面の改造を、CARRY MEでは存分にやりたいきもち。
たまたま(いつの間にか増えて)たくさん持っていたマスキングテープの中に、ぴったりの柄があったので、フレームの白色の部分に貼ってみた。
ら、

キュート!

あまりにもトランプ柄が似合うのでトライアンフ号と呼ぶことに決定。
あとはハンドルグリップとサドルを焦げ茶色にしたい、あわよくば革サドル…等と夢を膨らませつつ、グリップはERGON GP1 BioKorkのショート/ショート・Sサイズを注文した(ロング/ショートが左右のグリップの長さが異なることを示していると気づくのに時間がかかった)。届くのが楽しみ。