だれかへの手紙

letter to you

billsのほろほろ溶けるパンケーキ

最近特段パンケーキづいているけれど、パンケーキはいつでも好き。

世界一の朝食をいただけるらしいbillsへ、夜訪問した。予約して行ったのでスムーズに入店。カジュアルな感じで行ったらスタッフが椅子を引いてくれて驚いた。広いテーブルと座り心地のいい椅子、隣のテーブルとも距離があってゆったりできる。
ワンドリンク制といわれたので、ライムビターズソーダをオーダー。

すっきりしていておいしい。ノンアルコールだけど、暗めの照明と卓上のキャンドルのおかげで雰囲気があるので軽く寄った気分になれる。

ディナーメニューなので、噂のスクランブルエッグはなかった。残念。とはいえお目当てはパンケーキなので。
リコッタパンケーキwithフレッシュバナナ、ハニーコームバター。

バナナはパンケーキの陰に隠れてる。輪切りにはされていなくて、一本の半分くらいのものがごろっと載せられていた。丸いのがハニーコームバターで、これがとてもおいしい。カロリーの味。
メインのパンケーキが、口に入れた瞬間にほろほろと崩れて溶けて、たまらない口当たりだった。メープルシロップも自然に染み込む。食べ応えを求めているから期待外れかも知れない。私はこれ、すごく好き。
つい数日前にEggs'n Thingsのパンケーキを食べたばかりなので、それと比べるとボリュームダウンしたように見えるけれど、十分満腹になれた。

塩分が欲しかったので、サイドでガーリックマッシュポテト。

とにかくなめらかでクリームみたい。味はどこぞのベーコンポテトパイの味を際立たせた感じ。

店内に流れている音楽のボリュームが大きめで、会話をするには少し難儀だった。とかいって、二時間半お喋りしたけど。ご馳走さまでした。