読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だれかへの手紙

letter to you

T.M.R LIVE REVOLUTION '13 UNDER COVER 2@横浜1日目

ライブ

神奈川県民ホール 17:15/18:00
1階下手

参戦初日の感想はもう書いたので、ひどいしもねたMCのメモだけ。
近いからという理由でTMRの神奈川県民ホール公演はもう何年も全通しているけど、今日も西川ちゃんはとても満足げに「気持ちよかった! すげー気持ちいい! ありがとう!」って何度も言ってくれたのでこちらも嬉しい。県民ホールはいつもご機嫌な印象だし、小さいホールで二階席でも距離を感じないので、遠方のひとにもぜひ来てほしい。


神奈川の前が滋賀公演で、ライブの後に京都へ移動して夜ご飯を食べたけど、IKUOさんは不参加だった話。

西「ホテルで何してたの? テレビでも見てたんじゃないの? 触った?」
い「な、何をですか?」
西「お…おちんちん?」
い「触ってないです」
西「え、触ってないの?」
い「触ってないですよ」
西「そう、触ってないの… 触らずに…!? さ、触ってないのに出ちゃった?」

この最低な感じ、ANNっぽくてすごくよかった。ほんとさいてい(誉めてる)

翌朝、SUNAOさんと柴さんがラーメンを食べに行った話。

西「ラーメン食べたんでしょ? どうだった?」
す「黒かったです」
西「黒…ちんこの話じゃねえよ!」
す「違いますよ! 汁が、」
西「汁とか、SUNAOさんが言うとなんかいやらしく聞こえるんだもんなー」

言いたい放題。

IKUOさんと一度一緒にお風呂に入った後、もう一緒に入ってくれなくなった話。

「いいじゃん、(バンドメンバー)みんなでお風呂入って一人が髪洗ってるとこに後ろからこう(腰擦り付け)やって陰毛の量で誰か当てるみたいなのやろうよ~。『もう、SUNAOさん!』みたいなのやろうよ」

斬新なプレイすぎて西川ちゃんの妄想力に恐れ入る。

甥っ子姪っ子がどんどんでかくなってて、甥っ子はもう中学三年生だという話。

「中学三年生って…あれよ? もう下手すりゃやってるもんなー。あ、今みんな変なこと想像したでしょ。いやらしい方向に考えたでしょ。もう、先生そういうのよくないと思う! すぐそういう風に考えるの!」
「ダンスやってて、もう結構すごくて、大阪の方のスクールに通ってんの。俺をちょっと薄くした感じで、似てるんで、この中にジャニーズの関係者がいらっしゃったら是非(頭を下げる)」
「すっごい真面目で、『もっとちゃらちゃらした奴と付き合えよ!』って言ってんの、俺。ダンサーなんだからさ、俺ダンサーになりたかったけどなれなかった奴だから、肩ぶつかった女の子をそのままナンパするみたいな感じのね、甥っ子にはなってほしくて、『ダンスやるんだからクラブとか行ってさ、もっとちゃらちゃらした奴と付き合えよ!』って、そしたら『おかあさん、』って、おかんとクラブ行ってどうすんだよ!」

西川先生によるさっきまでの話の棚上げ芸。甥っ子さんの話はすごくなごむので、伯父の悪い吹込みには流されずに健全なダンサーになってくれますように。