読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だれかへの手紙

letter to you

はじめてのデジタルカメラ。SONY DSC-RX100

カメラ DSC-RX100

シクロクロスをデジタルハリネズミで撮ったあたりから、きちんときれいに撮れるカメラをトイカメラとは別で持ちたい欲がむくむくと湧いて、RX100を購入した。
はじめはミラーレス一眼に惹かれていたのだけど、最小とうたわれるPENTAX Qですら、持ってみると本体は小さくてもレンズの重さが気になってしまった(Qが気になったのは名前のせい)(スカイフォール)(ベン・ウィショーの性的さよ…)
いろいろ調べるとRX100はミラーレス並の写真を撮れると言われていたり、スポーツや夜空にも(技術が伴えば)使えそうだとわかったりして、それなら重くて持ち歩かなくなってしまうよりはどこへでも連れていけるほうがいいと判断。レンズを集めて付け替えて楽しむなんてことは、ずぼら娘としてはやらない未来が見えているし。

わくわくしながら開封。

ナマでそのまま収まっていてちょっと驚いた。台座はプラスチック。

台座の下に付属品。左のなにもないスペースが気になる。ショルダーストラップとか入れておいてくれてもいいのよ。

手に載せられるサイズだけど、手に載せて負担のない重さとはいえないくらいの適度な質量。

フィルム剥がしてから撮ればよかった。

ミラーレス一眼のNEXとは違って、RX100にはWi-Fi機能がないので、32GBのmicroSDHCがついたAirCardを用意。液晶の保護フィルムはハクバ。
オリンパスPENの売り場にあったことりっぷカメラさんぽをいただいてきた。オリンパスじゃないのに。

あとはケースが欲しいなとか、ショルダーストラップが欲しいなとか、そのあたりは好みの問題なので気に入るものを見つけられるまで待ちたい。

ところで一眼ではなくRX100を選んだ理由のひとつに、専用のレンズを買い足さなくてもマクロ撮影ができる、というのがあった。マクロ作例の定番は花だろうけど布地を撮ったのが以下。

うん、十分。