読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だれかへの手紙

letter to you

2013年6月の読書メーター

2013年6月の読書メーター
読んだ本の数:11冊
読んだページ数:1647ページ
ナイス数:42ナイス

書影と感想↓

ナナとカオル 10 (ジェッツコミックス)ナナとカオル 10 (ジェッツコミックス)感想
ナナが積極的なアニマルプレイが完結して、ナナの家庭の話へ。家庭環境と娘の性癖を直結させて読み解く気はないけれど、そのあたりのつながり方というか流れがとても自然で、甘詰せんせいはほんっとうに巧いな…!ナナしんどすぎるので早く続きを読みたい。早くカオルに解放されてほしい。
読了日:6月6日 著者:甘詰留太
パピィラバーズ 2巻 (ヤングキングコミックス)パピィラバーズ 2巻 (ヤングキングコミックス)感想
お話は王道なので、それに沿って進むフルカラー画集を眺めているような気分。世界的バイオリニストのキャラ濃すぎだわ…
読了日:6月6日 著者:甘詰 留太
BOY MEETS GIRL GIRL MEETS BOY―甘詰富太チェンジH短編集 (TSコミックス)BOY MEETS GIRL GIRL MEETS BOY―甘詰富太チェンジH短編集 (TSコミックス)感想
甘詰せんせいの同性愛描写を読みたい…とほざき続けていたのだけど、ある意味それが叶った感じ。トランスジェンダーの短編いくつか。『初めての朝〜』の刹那的な関係が好き。一番エロいと思ったのは川瀬の話かな…。どの作品でも女の性の感じ方に無理がなくてぞくぞくするのは、甘詰せんせいの「女になる妄想」が巧いのかな。
読了日:6月7日 著者:甘詰 留太
氷菓 (3) (カドカワコミックス・エース)氷菓 (3) (カドカワコミックス・エース)感想
『古典部』の後半と、旅館へ行って正体見たりと、試写会の冒頭。モノローグが文字で見えるから、アニメで観るよりも奉太郎の内心饒舌っぷりがよくわかる。
読了日:6月16日 著者:タスクオーナ
絶対可憐チルドレン 34 ドラマCD付き特別版 (特品)絶対可憐チルドレン 34 ドラマCD付き特別版 (特品)感想
発売直後に読んでたけど感想書いてなかった。ミッシングリンクとボーイミーツクイーン。京介と不二子かわいいしマサラちゃん最高にかっこいい。ドラマCDはなんとなくぎこちない内容だったけどパンドラかわいいのは健在。
読了日:6月17日 著者:椎名 高志
帝一の國 4 (ジャンプコミックス)帝一の國 4 (ジャンプコミックス)感想
ふんどしと億章同盟。読んでいて疲れる具合が加速度的に増してる(※褒めてる)。番外編が予想以上にブロマンスだった。
読了日:6月19日 著者:古屋 兎丸
帝一の國 5 (ジャンプコミックス)帝一の國 5 (ジャンプコミックス)感想
今もっともテンションの高い、お耽美擬似BL。こんなに濃厚な主従からの造反なんて今日日BLでも見ないよ。主が従の上履きを舐めるあたり、古屋せんせいわかってらっしゃる…。変なテンションに彩られつつ、お話もどんどん盛り上がっておもしろい。このまま森園派が勝ちそうだけど、ヒムローランドがもう一波乱起こしそうだな。番外編だけ見ると完全に弾が主人公。
読了日:6月19日 著者:古屋 兎丸
妖狐×僕SS(9) (ガンガンコミックスJOKER)妖狐×僕SS(9) (ガンガンコミックスJOKER)感想
主に双熾が怖いインタールードと、本編最終章の冒頭。凛々蝶と離れ離れになっちゃった双熾が本気で心配…
読了日:6月20日 著者:藤原 ここあ
のりりん(7) (のりりん (7))のりりん(7) (のりりん (7))感想
ロードに興味を持った人が乗る前に読むべき教則本。路側帯の話は知らないことの方が多かった、複雑すぎる…!自家用車が禁止になったら、というのは思考実験としておもしろいなあ。ヤビツ登り切った女性陣に拍手。
読了日:6月21日 著者:鬼頭 莫宏
まじもじるるも 魔界編(4) <完> (シリウスKC)まじもじるるも 魔界編(4) <完> (シリウスKC)感想
大団円!魔界編は結構駆け足だし都合のよい展開もあったけど、みんなが笑顔で終われてよかった。末長く楽しくおしあわせに、…って思ったら、えっ、続編もあるの?わたるすごい…!るるももアニメ化ぜひ。
読了日:6月27日 著者:渡辺 航
銀の匙 Silver Spoon(7) (少年サンデーコミックス)銀の匙 Silver Spoon(7) (少年サンデーコミックス)感想
八軒父がきつい。八軒はあんなのに育てられてよくこの程度のひねくれで済んだものだと感動すらするわ…。あやめちゃん大活躍のエゾノー祭ばんばが賑やか。駒場の話、サンデーで読んでるけどしんどいな、駒場かっこいいな。あー中島先生のチーズ食べたい。
読了日:6月28日 著者:荒川 弘

読書メーター