読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だれかへの手紙

letter to you

CARRY MEに試乗してきた

自転車 CARRY ME

ロードレーサーとは別に、ミニベロへのうっとりとしたときめきというのは前から感じていた。というか、

こんなの見てときめかない人っているの?(CYCLE MODE 2011、ブロンプトンのブース。芸術)


けれどロードあるし…と耐えていたものの、やっぱりフォールディングバイク欲しい! と思って、GREEN CYCLE STATIONへ行った。お店へ行くこと自体は二度目。
お目当てはPacificのCARRY ME。これ以外にもBD-1ブロンプトンやタルタルーガなど、取り扱っている全モデルに試乗できるすごいお店。

試乗車。オレンジの方が変速なし、シルバーは二段変速。
嬉しかったのが、自転車のサイズを考慮しなくてよかったこと。ミニベロだから当然といえば当然なのかもしれないけれど(逆に身長や体重が標準より多めの方が苦労するのかな)、ロードレーサーを選ぶ時に、欲しくてもそもそも自分の身長では乗れない、ということが何度もあって口惜しい思いをしたので、サドルの高さを調整するだけで乗れるミニベロはすごい。

土曜だからなのか、ひっきりなしにお客さんが来店していた。それも納車やメンテナンスなど、自分のミニベロをお供に来店する人が大勢。
そんな中で店員さんをつかまえてCARRY MEに試乗したい旨伝えて、乗らせていただいた。CARRY MEについてもいろいろと教えていただく。

  • 普段ロードバイクに乗っている人には逆に乗りづらいかも。ハンドルが軽いので、とにかく力を抜いて、手は添えるだけで乗る。
  • 変速ありモデルの場合、右クランクを蹴ると重くなり、左クランクを蹴ると軽くなる(そんな変速方法があるなんて初めて知ったので衝撃)。軽いほうの速さが、変速なしモデルの速さと同じくらい。重いほうは結構重い(ロードのギア3段分くらいを一気に変えているイメージ)ので漕ぎ出しづらいし、信号のない道でよほどスピードが乗った時くらいしか使いどころはない。実際購入する人のほとんどは変速なしのCARRY MEを選ぶそう。自転車の重さは変速ありの方が500g重い。
  • サドルの高さは両足がつくくらい。ロードの時は爪先がつくくらいだけど、CARRY MEはそれよりもう少し下げる
  • CARRY MEの得意分野は「超低速」。こんなに遅く走っても倒れないの!? というのがこの自転車の強み。だから観光など、周りを見ながらゆっくり走ることに向いている。

15〜20分くらい、山下公園のほうでも走ってきてみてくださいーと快く送り出してくださったので、お言葉に甘えて石川町方面へ走って戻ってみた。
最初はふらふらしたけれどすぐに慣れた。ロードとは別のおもしろさ、気持ちよさ。ロードがびゅんと走るなら、こちらはちょこまかと走る感じ。ママチャリでのんびり走るのと同じくらいの速さで走れて、8インチのタイヤとは思えない。変速するとぐんと速くなるけれど、不意に信号で止まると次に漕ぎ出すのがひどく重くなるし、クランクを蹴るギアチェンジのためについ足元を見てしまうので、まったりポタリング用なら確かに変速はいらなさそうだという印象。

試乗から戻って、折りたたむところを見せていただいた。たたむと縦長になるのがいいなあ…これなら私の四畳半の小屋にも置けそうで。
あと、シングルギアでぐるぐる回していたらケイデンス数上がらないかなあ、などと淡い期待。
来週MINI LOVE行って、やっぱりCARRY MEが欲しい! って思ったら買ってしまいそうだ…自転車罪深い、きりがない。楽しい。