読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だれかへの手紙

letter to you

PRERAカリグラフィーニブを入手したので、LAMY joyとの比較など

Fニブを愛用しているPRERA 色彩逢いからカリグラフィーニブが出たと聞いて、いてもたってもいられなかった。
色は透明レッドを選択。

まだ「カリグラフィー」のシールを剥がしていない。

ペン先。当然ながら平べったい。

持っていたLAMY joy whiteと並べると、違いは歴然。

joyで手帳に文字を書いた時、太すぎて字が大きくなり、手帳には向かないと感じた(ほぼ日手帳WEEKSという、幅の狭い手帳を使っているせいもあると思う)。そもそもLAMYはEFだって、PRERA常用者には目を疑うくらい太いのだ。

書いてみれば案の定。

がっつりカリグラフィーの文字を書くならjoyの方が向いている。PRERAもカリグラフィーの筆跡になるけれど、joyに比べたらどうしたって控えめだ。

特筆すべきはPRERAカリグラフィーのインクフローの潤沢さ。PRERAとは思えないくらいぬるぬる出る。書いてから、インクが定着するまでしばらく眺めていられるくらい。
万年筆ならでは、の恩恵は、Fニブよりもたっぷり受けられそう。

手帳での使用を考えて購入したので、がんがん使っていきたい。
さすがにFニブと同じ文字数は書けないから、強調したいイベント事を書く時にでも使おうかな。となると二本に入れるインクの色のバランスも考えないと。
どうやって付き合うとうまくいくのか、あれこれ考えるのもまた文具の愉しみ。