読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だれかへの手紙

letter to you

ほぼ日手帳WEEKS2013を買ったので、現在のWEEKSの使い方など

来年は、WEEK3三年生。

来年の手帳をどうするか、は、他人が聞いたら呆れるだろうというくらい散々悩んだのだけど、結局ほぼ日手帳WEEKSを継続して使うことにした。
悩んだ主な理由はノートページが余りまくるという現状で、WEEKSノートセットにダイコーの1ヶ月横罫ジャバラを貼りつければよいのでは? と模索するも、ダイゴーの方が幅がわずかに1mm広くて断念。薄い手帳は山のようにあるけれど、どれも1ヶ月ブロックで、私の好きな1ヶ月横罫はほとんど見かけない。もっと増えてもいいのに。
(だって、1ヶ月ブロックのマスに、「T.M.R LIVE REVOLUTION '12 -CLOUD NINE- @なんちゃらホール」なんて、とてもじゃないけど収まらないし、無理矢理詰めても美しくない)

で、結局、ほぼ日で発表されたカバーラインナップのレジメンタルストライプに一目惚れして、10月1日に購入。
7月頃、まったくの手帳オフシーズンに見かけて買ってとっておいていたトランプ柄インデックスシールを貼った。

まっすぐ貼らなくても見栄えがするデザインであることが売りで、完成したらご覧のとおりのかわいさ。レジメンタルストライプとの相性もなかなかで満足。早く使いたい。

年が変わる前に、現在の手帳の使い方をメモしておく。あくまでも、今年の。

年間カレンダー

女体の日に黄色の蛍光ペンでマーク。どんな手帳を使っても、年間カレンダーの使い道はいつもこれ。

年間スケジュール

小さいマスに小さい字で、無理矢理予定を書いている。

この見開きをぱっと見れば、なにがあった一年なのかがわかるようにしている。
写真には写っていないけれど、上のフリースペースには大きめの買い物などをメモ。PCや、自転車や、財布を買ったことを書いてある。

月間スケジュール

自転車ログ。行った場所、走行時間、走行距離、平均速度、最高速度、累積走行距離。

他にもブレーキの交換やら、走っていて気づいたことなどを思いついた時に。
ゆるチャリ乗りなので、気候的に外にいるのが厳しい2月や8月なんかは一度も乗っていなくて真っ白である。

週間スケジュール

今年の前半くらいまでは手帳を使って予定を管理していた気がするけれど、今は、未来の予定の管理はもっぱらiPhoneGoogleカレンダーで行っているので、こちらは手帳というよりは日記帳に近い使い方をしている。
一日の終わりに書いたり、何日分か溜め込んでまとめて書いたり。
リアルタイムの行動はその都度PostEverでEvernoteに記録を取っているので、それを見返しながら、この日はこんなだった、と思い出しつつ万年筆を滑らせるのが楽しい。Evernoteのログと手帳の日記の内容が被るとか、そういうことはどうでもいい。
右ページのノート欄は、左ページに書ききれなかったことやショップのステッカーで埋まっていたり、なにも書いていなかったり、週によってばらばら。
紙に書くという行為が好きなので、手帳を手放す気はない。

ノートページ

なんでもありノート。観た映画一覧、施設の入場券、観光地のスタンプ、行きたい場所メモ、などなど。ひとつのものを雑多に使うのは、あとから見るとおもしろい。
ただ、ほぼ日手帳の紙はとても薄いトモエリバーなので、チケット類を貼ると途端に小口を押さえてページを繰るのが難しくなる。紙を貼るのは、ノートページのラスト2ページから逆順に使う方がいいかも知れない。

ちなみにラスト1ページは目次として使っている。

が、ご覧のとおり活用しきれていない。
この目次が使いづらくなるのも、チケット貼る位置を変えようと考えている理由のひとつ。

来年にむけて

空欄も、白紙も、気にしない。ノートページが半分余っても気にしない。他の手帳への乗り換えを検討した理由は空白の多さだけれど、そんなものは手帳自体の使い心地や愛着と直結する問題ではない。だから気にしない。
あとは、あまりにも英語がわからないので、来年は週間スケジュールページを英語日記に使うのはどうかしら、なんて。一覧性は年間スケジュールにあるし、と、年が明けるまであれこれ悩み続けるしあわせ。