読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だれかへの手紙

letter to you

T.M.R LIVE REVOLUTION '13 UNDER COVER 2@座間

ライブ

ハーモニーホール座間 15:30/16:00
1階下手後方で参戦。

初めての会場、相武台前駅から徒歩20分。雨天予報とはなんだったのか、真夏のような暑さにやられながら辿り着いた。

ツアー始まって2日目だから物販が混むのではと思って早めに行ったらあっさり買えて、そのあとの時間を持て余してしまった。

奈々様からお花きてたよ。



西川の喉が死んでいて、がらがらの声で身体を削っているような歌だった。
初日であるところの昨日はそうではなかったようなので、一晩でやられてしまったらしい。歌手がそんな声で一公演こなすことの是非は断定できないけれど、歌以外の部分(本編中の立ち居振る舞いだとか、声を出さないMCだとか)は完璧だったし、早くツアーに参加したくて座間のチケットを取ったので、観られてよかった。
あと何回か参加の予定があるので、そのときこそ痺れるような歌声を聴けますように。

本編の内容はPreserved RosesのPVを引き継いだ流れで、舞台後方のスクリーンと、スクリーンや舞台上を囲むたくさんのキューブと、バンドの演奏と西川の歌が一連の流れを作っていた。
件のPVを観て「いっそ映画を作ってしまえばいいのに」という感想があったけれど、ほぼそんな感じ。主演西川な中二世界が炸裂していて楽しすぎた。

「私は君の意志だ」とか、世界とか、THE ONEとか、サンプルとか、ウイルスとか、個体が意識を共有するとか、森羅万象すべての出来事は君の欲望が引き起こしているだとか(この流れで蒼い霹靂やって笑った)、過去や未来というのは作り出された概念にすぎず全ては並行しているだとか、おっぱいの隠れる白い甲冑をまとった西川(へそ出し)が「あああああ!」って叫んでガラスに拳突き立てたら血が流れて「見ろ、赤いじゃないか…」とか、神とか、THE ONEはお前だったのか…(棒読み)とか、個体が自己破壊を始めるとか、「人間は、人はモルモットじゃないんだぞ!」とか、サンプルに戻りたいとか、僕も彼と同じ選択をするのだろうか…とか、とかとか。
覚えてる限りの要素を書き出して並べてみただけでこの量だよ。たまらん。

しかし私の緩い脳では完全には理解できなかったので、もしアニメの設定資料集のような内容の作りになっているなら、ツアーパンフを見たいところ。

衣装は最初は白くて、次に黒くなってホットパンツだから太ももが見えて、徐々に脱いで背中も見えて、クライマックスのMeteore→Vestigeでは淡いグレーのドレスだった。
昔のアリーナツアーで、軍服の後ろにドレスの裾のようなものをつけてシルエットがドレスに見える衣装があったけど、今回は完全にドレス。あの生地何十メートルあるんだろうっていうレベルのドレス。
上半身はきらきらしてて、胸の間が空いていたので胸筋の谷間が見えた。背中はまるっと空いていた。42歳男性とは。
衣装もさることながら、それを着た時にどうやって立って、どうやって歩いて、どうやって振り向いて、ドレスの裾をどう流せば美しく見えるのか、全部わかっていてやっているとしか思えないパフォーマンスで、観ていて清々しいほど。
キューブの階段を途中まで降りた時の裾、裾をさらりとさばきながら振り返って階段を登る仕草、最後に客席に向いて立って、姿が隠れるまで静止している時の背中・腰からドレスにかけてのライン。42歳男性とは。
アンコールのスウェットは安定のかわいさ。珍しく太もも出てないなと思ったら太もも部分の布が裂けていて、すごい偶然だなあと。

アンコール、SHAKIN' LOVE(客席と同じタイミングでジャンプするかわいいSUNAO)のあとにCHASE/THE THRILLやると思っていなかったので嬉しい誤算。1曲目はWILD RUSHで計3曲。
ダブルアンコールでTomorrow Meets Resistance。ひたすら跳んでいたのでいま駅のホームでこの文章を書きながら脚の痛さに耐えている。IKUOさんがやたら楽しそうだったのが印象的。

喉の件は残念だし心配だけど、声を出さずにひたすら手ぶりで客席のあちこちを煽りまくって盛り上げるMCはさすがだった。あれは楽しかった。
最後、掠れ声で「お聞き苦しい声で申し訳ありません、ショーをやらない方がいいんじゃないかとも考えましたが、最後まで歌わせていただけてよかったです。ぜひまた会いに来てやってください」。で、「また会おうぜ!」はいつものシャウト。もういいからわかったから早く治して…!

終演後、外へ出たら神奈中の臨時バスが3台待機していた。
日が傾いたので昼間よりは歩きやすいけど、ライブ後の疲労があるのでお世話になった。帰路が快適なのは楽しい気分が崩れないから嬉しいことだ。
公演時間は2時間程度。喉が復活したらもっと長くなるかしら。