だれかへの手紙

letter to you

『舞台 刀剣乱舞』刀剣男士、乱れ舞う

@シアター1010

5/4 17:00

2016年現時点の2.5次元作品で最もプラチナチケットと思われる公演。友達の友達がチケットを当ててくれて観劇できた。頭が上がらない。

原作の人気や錚々たるキャストスタッフに見合わない東京会場のシアター1010、701席。どうしてこれだけのキャストを集めておいてこんなに少ない座席数なのか…なぜ会場をがんばれなかったのか…と恨み半分で言い続けていた。
あとプレミアム特典が缶ミラーなのも反応に困った。使う場面がない。

それ以外はどこから褒めたらいいのかわからない。

続きを読む

『舞台 黒子のバスケ THE ENCOUNTER』光と影の最初の話

4/9 13:00

f:id:chihay:20160410113723j:image

原作未読、アニメは最初の数話のみという、客の中では少数派と思われる知識で観劇。
とても面白かった。
 

キンプリを観てプリリズRLを観てキンプリを観た

タイトルの通りのことを書く。 
プリティーリズムはタイトルしか知らない、キンプリのことも知らない(と思っていたけれど後から見た前売券正装verには見覚えがあった)状態で、キンプリの文字を認識したのは1月中旬のタイムラインだった。
怪文書のような鑑賞レポと「幕末Rockが好きなら観ろ」という主張が繰り返し流れてきて、頭の奥に刺激を直接送り込まれ続けている身としては無視できず、とどめになったのは応援上映の動画。
 
「これ絶対に気持ちいいやつだ!」と思った(後でエーデルローズ入学説明会を観たら西さんがキンプリについて「50分かけてみなさんを気持ちよくしよう」とおっしゃっていたので間違っていなかった)
 

『魔劇「今日からマ王!」〜魔王再降臨〜』眞魔国への短い旅

全労済ホールスペース・ゼロ
10/2 19:00(謁見席・下手・ハイタッチ日)
10/3 18:00(謁見席・上手)
10/9 19:00(国民席・下手・ハイタッチ日)
10/12 17:00(国民席・中央)

超歌劇幕末Rockで好きになった輝馬くんが出るというので気になって、一般発売でチケットを購入。公演直前ニコ生も特等席で観覧させていただいた。
原作はタイトルくらいしか知らず、ニコ生で公開されていた初演を観ただけの知識で観劇。
軽い気持ちで行ったのに楽しくてもうすっかり脳が溶けて、結局4回観た。楽しかった、劇場で観ることができてよかった!

インパクトのある並びのお花。

お話としては、ユーリが再び眞魔国へ行き、人間との戦争を回避するべく魔剣モルギフを取りに行くというもの。
キラキラしたキャストの面々とテンポのよい展開、笑えるシーンをたくさん挟みつつもユーリの「戦争をしたくない」という想いは一貫していてシリアスな要素もあり。あっという間の二時間だった。
歌もミュージカルらしいものからネタ曲まで豊富だしみんな歌が上手くて聴いていて耳が楽しい。衣装も凝っているしアンサンブルにも人格が与えられているのがわかって、この劇場は眞魔国なのだと思わせてくれる。

ユーリ、黒目黒髪学ランという、外見にはさしたる特徴のないキャラクターだけど、眞魔国のみんなに向き合う姿が真剣で、迷ったり苦しんだりしながらも自分の正義を貫くところが格好よくて、眞魔国の面々に慕われているのは彼がただ「陛下だから」という理由ではないのだと思えた。
グウェンダル、厳格な兄とは…? お茶目でかわいらしかった、あのソロ2曲はずるい。笑いで奥歯を噛み締めながら観ていたけど、よくよく考えたら猫たんの歌でころころ転がりながら歌うのも、情感たっぷりの編みぐるみの歌も難しいよなと思って、それを気づかせなかった技術に感嘆。カーテンコールまでギュンターと肩をぶつけ合う様子が可笑しい。
コンラッド、すらっとしたスタイルと甘い声でひたすらにキラキラキラキラした王子様で観ていると脳が溶けて何も考えられなくなった結果チケットをどんどん追加した原因の張本人。殺陣のシーンの殺気立った様子とのギャップにぞくぞくする。身のこなしもしなやかだし、何よりソロ曲の声の豊かさ伸びやかさは劇場で感じてこそで、行けて本当によかった。
ヴォルフラム、きみユーリのこと大好きだね? 船に弱いのに密航してくるわがままプーだけど魔族の武人の誇りはある。「春からはじめる夢日記」でライトがあたっていない場所でやっていた細かい演技が目に楽しい。
ギュンター、公演始まる前はコニーいろいろ言ってたけど全力でギュンターでございますしてる様子がすっごくコミカルでかわいかった。銭湯が一気にギュンターオンステージに。ここでボケ要因かと思いきやグウェンダルとのやり取りではツッコミポジションにもなるニュートラルさ。
ヨザック、前半は完全にイロモノ担当になりつつ後半で飄々とユーリを突く言葉を放つ。コンラッドとのやり取りが興味深い。肉体美を存分に堪能させていただいた、色気すごかった。

チケットの席種絡みでごたごたがあったのが悲しかったので、続編ではそういうことがないといいな。キャスト続投の続編待ってます!

10/2、樋口くんにいただいた薔薇。

至近距離で拝見した樋口ヴォルフはとってもかわいらしくてでも力強い瞳で、そりゃユーリも「かわいいのはお前だ」って言うわ…としみじみ。退場時のハイタッチにもいたので、薔薇ありがとうございましたと改めて伝えてきた。

10/3、下村さんにいただいた薔薇。

観劇前に友人と、薔薇だれからもらえるだろうね、下村さんだったらすごいねって話していたので大興奮。ものすごい笑顔で手渡ししていただいた。

以下はリアルタイムでぽろぽろ呟いていたものを記録として。だいたいてるま定点観測カメラなので偏っている。

続きを読む

『超★超歌劇幕末Rock』Rock! Rock! Never stop screaming screaming!

梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ
8/8 13:00(一般・上手)
8/8 18:00(プレミアム・下手)

Zeppルーシアター六本木
8/15 12:00(一般・上手)
8/15 17:00(プレミアム・下手)
8/16 12:00(一般・上手)
8/16 17:00(プレミアム・上手最前列)

f:id:chihay:20150823220809j:plain

ずっとずっと楽しみに待っていた再演!
友人各位の協力をもらって物理的に可能な回は全部参加できてしあわせだった。欲をいえば全通したかったけども…!
前回観劇しておらず、DVDを見て生で見たい! と言っていた友人たちを連れて行くこともできたし、Rockの絶大なパワーで天歌泰平が広がっていくのを感じた。幕末Rockはひとを幸せにする。

初演の感想はこちら。chihaya.hateblo.jp

私の記憶(ソウル)が尽きる前に…ということで以下レポ未満のメモなぐりがき。かわいい以外の語彙が欲しい。

続きを読む